読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるぺでぃえむ。

就職前の人生夏休み謳歌なうな関西人

マイコー!最高だぜMJ!の「This is it」を観た。

Amazon Studentの契約をしている僕ですが、最近映画に少しハマっています。


アマゾンビデオでは数作品しか観ていないのですが、this is itは評価がとても高かったこともあり、King of Popは観ておかないといけないな、と。


いやー本当にすごいですね。歌も、ダンスも、すごい。こういう人あんまりいないのではないでしょうか、正にエンターテイナー。


一回 Just Do it! とタイトル間違えて、「それNIKEやないか!」って自分でなったのは秘密。



以下、内容に言及します。





サークルでアカペラをやっているのですが、アマチュアトップクラスの人で、とてもマイケルジャクソンを評価している人たちがいます。

もちろんプロのダンサー、アーティストさんたちもたくさん評価されているのですが。

映画を観ていて思いましたが、僕はまだそれを理解できるレベルにないのかもしれません。

「グルーヴがやばい」ということをよく聞きますが、曲に関する僕のイメージはそのリズムのメリハリがすごい、ということでした。

ただ、作品内でのベースに「もっとファンキーにしてよ」って言って口でベースの表現をしていた姿が半端なくグルーヴィーでした。うーん、まだまだ高みすぎて理解できてない感。






最強のエンターテイナーとして、クオリティを高めていくプロセス。

挑戦。

地球が好きなんだ、という言葉。余韻だったりの表現で出てくる、マイケルな表現。

「Make a Change」








俺ができる人の条件を揃えていて。


音楽に関してすごい人で、姿勢もやっぱり超一流で。


キング・オブ・ポップの姿がそこにありました。









生のライブ一度拝見したかったです。


そういえば、金髪美人っぽいギタリストやベーシスト?らしき人たちがいたので、


「日本では女性の楽器やってる人あんまり見ないなー」 と思いました。 アメリカだから? バリバリくそかっけぇソロやってました、その方。