読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるぺでぃえむ。

就職前の人生夏休み謳歌なうな関西人

ヤンデレっぽい『君の膵臓をたべたい』を読んだ

書評

すいぞうです、すいぞう。


君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい



なんかパッと見、「好きだから殺してあげる、一生一緒に居れるね、エヘヘ☆」みたいな、ヤンデレ要素を感じますよね。


完全に僕の「ヤンデレ観」が歪んでることが表れていることがバレましたね・・・




と、タイトルを散々いじりましたが、内容は結構普通の(?)恋愛小説でした。


うーん、普通ではないのかもしれない。状況は決して普通ではない。


でもなんだか普通の恋愛小説な感じ。 まぁ久しぶりに小説読んだんですけれど。


っていうことで少し以下内容に踏み込みたいと思います。







実はこの本、友達に借りたのですが、友達が


「展開は大体読めて、自分の頭の中で考えていたことが大体実現されていくんやけど、

 それでも最後めちゃめちゃ泣いた」


っていうニュアンスの評価を聞いていました。


結論から言うと、僕は泣くことはできませんでした。ちなみに小説読んで泣いたことはありません。


ただ、じゃあ面白くなかったかというと、そんなことはありません。


心揺さぶられました。 主人公に少し感情移入しました。最後はなかなかの衝撃でした。


命の儚さ。



自分はもうすぐ死んでも後悔しないような人生の送り方しているのかな、って。


少し考え直すよう促されました。




いやー小説、読んでしまうと面白いんだけどなぁ。 もう少し読もう、映画も観よう。

感性広げよう!!